給付のしくみ

選択一時金



第1種退職年金のうち、基金独自の給付である加算年金については本人の希望により年金ではなく、一時金として受けとることができます。これを「選択一時金」といいます。

 

選択一時金が受けられるとき

選択一時金は、第1種退職年金を受けられる人が、
条件1.退職し、加算年金を受けはじまる前に申し出たとき
条件2.加算年金を受けはじめて15年を経過するまでに申し出たときに受けられます。

 

選択一時金の計算方法

条件1の場合 = 
加算年金額  ×  選択時年齢に応じ
表6の乗率
条件2の場合 = 
受給中の加算年金額  ×  支給済期間に応じ
表7の乗率

 

このページの先頭へ